スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

遼州戦記 保安隊日乗 低殺傷火器(ローリーサルウェポン) 179

「なんだろう・・・あれ?」 

誠は自分のしていることが今ひとつよく分からなかった。展開された干渉空間に手が自然と伸びる。そこには一振りの剣があった。

「鳥毛一文字・・・」 

手に触れた瞬間に誠は確信した。そのままするすると鞘から刀身を引き出す。

「神前!」 

カウラの言葉を浴びて誠の周りの空間が飛び散った。両側から掃射が行なわれる。だが誠にはそれはぬるい攻撃に見えた。

『時が・・・ゆっくり流れるんだな』 

空中を流れるように進む弾丸が見て取れる。誠はすばやく身を翻しそれを避けた。そしてそのままゆっくりとベッドの後ろに隠れているサイボーグに走り寄った。

恐怖の表情が米軍の軍服を着たサイボーグに浮かんでいるのが分かる。ゆっくりと振りかぶるライフル。だがその動きは誠にとってはあまりに遅いものだった。誠の剣がサイボーグの顔面の暗視ゴーグルに突き立てられた。まるでケーキか何かにフォークを立てるような柔らかい感覚で刀が突き立てられる。

次の瞬間、サイボーグの顔面から血が勢いよく噴出した。隣では震えながら誠を見つめる水島の姿がある。

「水島勉・・・違法法術展開および殺人未遂容疑で逮捕する」 

落ち着いての誠の一言。水島はただ腰を抜かして倒れていた。

「化け物・・・なんで・・・」 

頭の中に何度か痛みを感じた。

「ここで僕の能力をハッキングしたらさらに公務執行妨害がつくぞ」 

言い切った誠の言葉に水島は諦めたようにうなだれた。

「神前!応援が到着した!」 

背後でカウラが叫んでいた。アイシャも満面の笑みで誠を見つめている。

「あちらも済んだのか・・・」 

そうつぶやくと誠は不意に訪れた眠気に支配されて手にしていたサイボーグのチタン製の頭蓋骨に突き立てられた刀を杖にするようにして意識を失っていった。


FC2 Blog Ranking
スポンサーサイト

テーマ : *自作小説*《SF,ファンタジー》
ジャンル : 小説・文学

コメント

Secret

プロフィール

ハシモト

Author:ハシモト
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。