スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

遼州戦記 播州愚連隊 28

「なんでも現在は、東海州の騒動で手が離せない状況だそうだ」 
 嵯峨惟基公爵。今は遼南の武陽帝として帝位にある彼がほんの数日で胡州への帰属を求めて反旗を翻した花山院家の東海州を制圧した話は明石も聞いていた。そしてその無茶な独立戦争を煽ったのが烏丸派の有力者清原和人であることも知ることが出来る位置に明石はいた。
「自分で自分の首を絞めたいうことやな。それにしても……タイミングが悪すぎるんちゃうか?」 
 明石はそう言うしかなかった。
「それだけじゃない。烏丸殿が枢密院の秘匿会議を開いて終戦協定で追放リストに載せられた政・官・軍の全員の追放解除を決定したそうだ」 
 その言葉に明石は言葉を失った。当時、外務官僚だった西園寺基義を窓口に強引に遼北との電撃的休戦協定締結を成し遂げた保科内閣が切り札として遼北に示した有力貴族を含む政治家や官僚、軍人の追放措置。それを保科家春が倒れるとすぐにやってのけた烏丸頼盛公爵のあからさまな挑発行動にただ呆れるしかなかった。
「そないなことしたら……」 
「早速遼北は反胡州キャンペーンを国営メディアを総動員してかけはじめたって話だ。大麗や西モスレムも追随するのは間違いない。そうなれば胡州の同盟加盟は水泡に消える」 
 別所の言葉を否定できるような材料は明石の知識には無かった。
「あの御仁は戦争がしたいのか?」 
 そうつぶやくのがやっとだった。
「戦争にもならないだろうな。現在胡州7艦隊のうち第一、第二、第五、第七艦隊は外惑星でのゲルパルト独立派の支援のために動きが取れない状況だ。アステロイドベルトのアメリカ海兵隊や遼南南都のアメリカ海軍、遼北旭港の中国艦隊、西モスレムシャローンのフランス艦隊。これだけ束になれば地球勢力だけでも二派に分かれて統制の取れない胡州を征服するのには十分すぎるくらいだ」 
 別所の言葉は大げさではなかった。敗戦で課せられた巨額の賠償金で復興すらままならない宇宙艦隊しか持っていない胡州。たとえ二派に分かれていなくてもそれだけの艦隊に対抗できる力は無かった。さらにその状況を利用して同盟加盟を棒に振ってでも国益優先で参戦を計る国が出てくるのも十分予想できた。
「状況は最悪やな。もしかすると保科公の命より胡州の命脈の方が先に尽きるんやないか?」 
 そこまで言って明石は笑わざるを得なかった。
「これが烏丸殿の『国家の尊厳』と言う奴なのかも知れんな。尊厳を守るためなら自殺もするって事なんだろう。付き合わされる国民はいい迷惑だ」 
 別所も皮肉めいた笑みを浮かべる。
「で、肝心の西園寺公は?」 
 力なく発せられた明石の言葉に別所は首を振る。
「すべての会議をボイコットすると宣言して屋敷に篭っておられる。赤松の親父が面会に行ったそうだが追い返されたそうだ」 
 その言葉で明石はさらに力が抜けていくのを感じた。
「挑発合戦か……戦争するだけむだやん。マジで辞表でも書くか」 
「それは冗談としては二時間前までは有効だが今じゃしゃれにならんぞ」 
 ただそう言って別所はゆっくりと立ち上がった。
「どないする気か?」 
 立ち上がる気力もない明石は別所を見上げる。
「あがいてみようと思ってな。どうなるかは分からないけどな」 
 別所の目に光があるのを見て明石はようやく口にゆがんだ笑みを作る程度の力を取り戻した。

FC2 Blog Ranking
スポンサーサイト

テーマ : *自作小説*《SF,ファンタジー》
ジャンル : 小説・文学

コメント

Secret

プロフィール

ハシモト

Author:ハシモト
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。