スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

遼州戦記 保安隊日乗 番外編 (2) 11

 嵯峨のタバコが赤く光りだすと同時に空が白んでいくのがわかる。

「日の出だね」 

 シャムの言葉に一時食べるのを止めたグレゴリウスがシャムを見つめた。

「もう!かわいい!」 

 そう言うとシャムは巨大な熊の頭にしがみついた。うれしそうに舌をだして喜ぶグレゴリウス。それを眺めながらのんびりと嵯峨はタバコをくゆらせた。

「しかし……この状況がいつまで続くんですかね」 

「俺のこと心配しているのか?いい部下を持ったもんだなあ」 

「そんなことないですよ。法術がらみのごたごたの話です」 

 嵯峨の様子を見ながら吉田がつぶやく。それには嵯峨は答えるつもりはないというように上空にタバコの煙を吐き出した。

 そんなシャム達に近づく影があった。

 金髪の耳まで見えるようなショートヘアーの女性仕官。整った顔に浮かぶ二つの青い瞳の鋭さがその人物がそれなりの修羅場を経験した戦士であることを印象付ける。

「おはようございます、大佐」 

 いったん軽くとまった女性仕官、マリア・シュバーキナ中佐はまるで敬意のこもっていない敬礼を嵯峨にするとそのままグレゴリウスが食事をするのを眺めているシャムの隣にまで来た。

「ああ、マリアお姉さん。何?」 

「昨日頼まれていた件だ。残したのは16名だ」 

 マリアの話にシャムはしばらく天を見上げた後思い出したというように手を打った。

「ああ、畑仕事のお手伝いね。ありがとう。でも……」 

「ああ、古株の連中は家畜小屋の掃除をさせてる。まあ軍警察関係者がヤギに引っ掛けられて労災だって訳にはいかないからな」 

 そう言うとようやくその戦いの女神というような硬い表情に少しばかりやわらかい笑みが浮かんできていた。




FC2 Blog Ranking
スポンサーサイト

テーマ : *自作小説*《SF,ファンタジー》
ジャンル : 小説・文学

コメント

Secret

プロフィール

ハシモト

Author:ハシモト
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。