スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

遼州戦記 播州愚連隊 56

「ああ……予想はしとったけどなあ」 
 明石は教導部隊の隊長室の机に足を乗せて目の前の端末を眺めていた。隊員達も席に座ってそれぞれに端末に目を走らせていた。流れているのはニュース。そこでは越州鎮台府の城一清大佐が西園寺政権を認めずに篭城に入ったと叫ぶアナウンサーの声が響いていた。
「やはりあそこは動きますが……恐らくつぶしにかかるとしたら濃州ですよ」 
 ソファーに腰掛けて楓が茶を啜っている。『濃州』と言う言葉に明石の顔はさらに苦々しいものへと変貌した。
「まあある程度予想してた話やから。城はんと言えば清原はんの数少ない親友ちゅうことになっとる。恐らく囮を頼まれたんやろな」 
「囮?」 
 少し不思議そうな表情を浮かべて自分を見つめてくる楓にまだ予科の初等科と同じ年だという幼さが見えて明石は苦笑した。
「今、城氏討伐に動ける軍は限られとる。赤松はんの第三艦隊、醍醐はんの近衛師団のどちらかやろなあ。池はんの四条畷鎮台は国際宇宙港の防衛が一番の優先課題やさかい動かんちゃうか?どれも西園寺はんにはお世話になっとる方々や帝都を西園寺派が留守にすることになる」 
 明石の言葉に楓は納得したように頷いた。
「赤松公が動けばそのまま首都防衛が主任務の佐賀高家侯爵の強襲戦術部隊で帝都を制圧。そのまま比較的清原氏に近い立場の池氏の四条畷港から宇宙に上がって第三艦隊を挟み撃ちにするわけですか」 
 納得したように楓はうなづいた。
「ただそうすると問題は南極基地を醍醐はんの部隊が制圧するのにどれだけ時間がかかるかやな。池はんは先の大戦ではたいした功はあげてないよって必死で来るで。しかも醍醐はんは徹底的にお人よしやさかいのう」 
 明石はそう言うと天井を見上げた。
「出撃準備は必要でしょうか?」 
「まあ心の中だけにしておいたほうがええやろな。実際何事もあらへんのが一番や」 
 そう言いながらも明石は半分以上このまま動乱が始まるのを予期していた。そしてそれを心待ちにしていたような自分にも気が付いていた。先の大戦。特攻隊の隊長として死ぬはずだった自分が今まで生きてきたことに時々後悔する自分に驚く日々。そしてその意味を見出せるような今回の政治と軍事の混乱。
『死に場所を見つけたんとちゃうか……』 
 心の中でそう思いながら真剣な視線を浴びせてくる楓に笑顔をこぼした。

FC2 Blog Ranking
スポンサーサイト

テーマ : *自作小説*《SF,ファンタジー》
ジャンル : 小説・文学

コメント

Secret

プロフィール

ハシモト

Author:ハシモト
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。