スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

遼州戦記 播州愚連隊 60

 明らかに敵意に満ちた表情が赤松を捉えるが彼は無視して大きく深呼吸をした。
「ああ、どうぞ」 
 西園寺の表情はこれから赤松が話す内容に興味を感じていると言うような感じだった。同じく醍醐などの西園寺派の将校たちも期待を込めた表情で赤松の言葉を待ち続けている。
「今回の越州での叛乱についてですが……」 
 無理に標準語のアクセントでしゃべる赤松。その言葉に『叛乱』と言う言葉が使われたのを聞くと聴衆の一部が立ち上がろうとした。
「待ちたまえ、君達!最後まで聞こうじゃないか」 
 余裕を持って西園寺が制する。そして醍醐が振り向いてにらみを利かせると彼ら烏丸派の人々は静かに腰を下ろした。
「今回動いている艦隊ですが……どう見ても規定の稼動率を上回る規模の艦隊が作戦行動に移っているわけですが」 
『まるで準備していたようだと言いたいのか!』 
 そこで飛んだ野次。赤松はそのにやけた陸軍大佐の目をにらみつけた。それなりに修羅場をくぐってきた自負のある赤松の視線を受けて烏丸派のその将校は下を向いて黙り込む。
「叛乱鎮圧にはそれなりの戦力と言いますか数を用意する必要があると思われます。元々鎮台府の城准将と貴下の上官の起こした叛乱です。数で脅せば兵士達の士気は落ちることでしょう。問題はそれが濃州攻略に彼らが成功した前か後かと言うことになると思います」 
 それだけ言うと赤松はぐるりと会議室の面々を眺めてから椅子に座った。頷くのは西園寺派、薄ら笑いを浮かべるのは烏丸派。どちらかにきれいに分かれている様を見て、先日の旧友である嵯峨の警告が思い出されてきた。
「数を用意できる即応部隊となると君の第三艦隊が動くと言うことになるのかね?」 
 先の大戦で一番多く戦死者を出した赤松達より十歳くらい年上の世代の将官が声をかける。その声の主本間中将は現在部隊を第六惑星衛星系に展開させているが、越州謀反の知らせを受けて駆けつけた艦隊司令だった。どちらかと言えば主張としては烏丸派に近い意見の持ち主だが、軍の政治への介入を快く思わない彼の信念からこの場の誰もが彼の意見に耳を傾けるだろうと赤松は踏んでいた。
「鎮台府の戦力は対艦戦に特化したものが配置されているのは皆さんもご存知のとおりです。そしてこちらも対艦戦を考えればワシ……いえ、私の第三艦隊を当てるのが最良かと」 
 赤松は本間の言葉にそう答える。
 しばらく沈黙が場を支配した。そしてこの場の全員が手にした端末を眺めている西園寺基義首相の次の言葉を待ち続けていた。


FC2 Blog Ranking
スポンサーサイト

テーマ : *自作小説*《SF,ファンタジー》
ジャンル : 小説・文学

コメント

Secret

プロフィール

ハシモト

Author:ハシモト
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。