スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

遼州戦記 播州愚連隊 140

 羽州艦隊旗艦『羽黒』は出撃準備に追われていた。
「全アサルト・モジュールの出撃準備まであと二時間になります」 
 艦長で司令官の秋田義貞の言葉にパイロットスーツ姿の安東貞盛は大きく頷いた。
「時間的には余裕があるな。忠満のことだ。俺がじきじきに出ることくらい予想はついているだろう」 
 そう言うとヘルメットを被り静かにモニターの中のせわしなげに整備員の走り回るハンガーを見つめた。
「ですがこの数での攻撃……本隊が来るまで待ったほうが……」 
「それならいつまで待てばいいのか示してくれないか?」 
 厳しい調子の安東の言葉に秋田は少しばかり戸惑った。部下思いで人望のある主君の姿は日々消えかけていった。佐賀艦隊が事実上動きを止め、本隊の清原が指揮する揚陸艇の部隊はそれを気にして足をとめていた。
『時間が経てば同盟や地球の艦隊が動く……その前に勝負をつけるしかない』 
 そう繰り返しながらまるで言うことを聞くつもりの無い清原の取り巻きにいらだちながら日々をすごした分だけ主君の心が荒れていくのは秋田も我慢できない話だった。
「それと今なら赤松さんに投降……」 
 そこまで言うと秋田は殺気を込めた目で安東ににらまれていた。
「それ以上言うな。この場で反逆罪で処刑されたいのか?」 
 本来ならそんな言葉を口にしないはずの安東。静かに秋田は沈黙して周りの将兵を見回した。
 誰もが黙り込んでいた。彼らの多くは庶民の出だった。清原の理想などまるで得にはならないと言うのに安東の人望を慕ってついてきた兵士達の表情にも疲労の色が見える。
「とにかく我々は勝つしかない。それも一撃でだ」 
 そう言うと安東はヘルメットの顔を覆うシャッターを下ろした。
「そうですね。勝つしか……」 
 秋田はそう言うと艦隊司令の椅子に座ってまっすぐモニターを見つめる。
「よろしく頼む」 
 そう言い残して安東はブリッジを後にした。


FC2 Blog Ranking
スポンサーサイト

テーマ : *自作小説*《SF,ファンタジー》
ジャンル : 小説・文学

コメント

Secret

プロフィール

ハシモト

Author:ハシモト
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。