スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

遼州戦記 播州愚連隊 146

「距離をとれ!」 
 明石が叫ぶのと同時に目の前でレールガンの弾丸が真空で炸裂する。
『チャ……フ……』 
 部下との通信が途絶える。強烈な指向性ECMが一瞬明石の操る三式のモニターの乱れを誘う。
「格闘戦に持ち込む気か?」 
 次の瞬間には今度はミサイルが前面の空間で炸裂。レーダーがすぐに機能停止をする。明石はそれでも突入をやめなかった。
『今回は死ぬ気は無い……やけど死んでいった仲間の面子もあるからのう』 
 自分の額に汗が浮かんでいるのが実感できる。そのまま明石の機体は一気にばら撒かれたチャフの雲を抜けた。
 すぐさま飛び込んできたのが赤いムカデのエンブレムと檜扇のレーザード・フラッグ。そしてサーベルが明石の機体の目前を掠めた。
「やられた!」 
 明石が叫んだのも無理は無かった。五機のムカデのエンブレムの三式に明石は取り囲まれていた。
「偽者か……でも位置が悪いな」 
 完全に包囲しているだけに火器が使えない敵に明石はレールガンでまず正面の三式に照準を合わせる。
『隊長!』 
「来んでええ!罠や」 
 チャフの雲を避けて左翼に動いた部下の機体が一刀両断された。
「安東はん!」 
 部下の死を目の当たりにしてついレールガンの照準が外れて安東貴下のムカデの三式を大きく外れてレールガンの弾丸が通り過ぎるのが見えた。


FC2 Blog Ranking
スポンサーサイト

テーマ : *自作小説*《SF,ファンタジー》
ジャンル : 小説・文学

コメント

Secret

プロフィール

ハシモト

Author:ハシモト
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。