スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

遼州戦記 播州愚連隊 190

 重い空気。だれもが黙り込んで静かに墓石を眺める。線香の香りが当たりに漂った。
「返して……」 
「すまない」 
 兄の言葉にその発せられたほうを見た恭子の顔は涙に濡れていた。
「なんで……貞盛さんは……」 
「それは武家の習いでしょ」 
 卒塔婆の脇から貴子が現れてそう言った。そんな弟の死を一言で片付けた姉に殺気を込めた視線を投げる恭子。明石達はただ呆然と二人を見守るばかりだった。
「忠義に生きて忠義に死んだ。私としてはよくやったと褒めてやりたいわ」 
「そんな……」 
 恭子は赤に菊模様の留袖の裾を目に当てて涙をぬぐう。そんな有様に明石はその後の羽州の混乱の話を思いだした。
 安東を自刃に追い込んだ秋田義貞が跡目を継ぐべく西園寺邸を訪ねたが、宰相西園寺基義は門をくぐることすら許さなかった。そしてそのままシンパを集めて会議をしているところに過激派が襲撃をかけ、秋田一門の多くは惨殺されたという。
「一学……貞坊……いい奴ばかり死にやがる」 
 嵯峨はそう言うと手にしてきていた桶の水を墓石にかけた。静かに水が流れる。そして線香を持っていた貴子が明石達にも線香を配った。
「貞盛は明るいのが好きだったから……泣くのはよしましょうよ」 
 逆賊として公に葬儀を行なうことも許されずに恭子と数人の被官だけで行なわれた葬儀に参加できなかった姉は静かに弟の墓標に線香を献じた。そして静かに手を合わせる。
「ありがとう……有難うございます」 
 途切れ途切れに恭子は義姉に静かに頭を下げた。


FC2 Blog Ranking
スポンサーサイト

テーマ : *自作小説*《SF,ファンタジー》
ジャンル : 小説・文学

コメント

Secret

プロフィール

ハシモト

Author:ハシモト
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。