スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

遼州戦記 播州愚連隊 194

「湿っぽいのは貞坊も喜ばんやろ・・・うち寄るか?」 

 そんな赤松の一言に大きく頷く魚住。明石と黒田は苦笑いでその様子を見ていた。

「いいですわね。嵯峨さんからイノシシの肉が届いてますの・・・牡丹鍋はいかが?」 

「牡丹鍋?」 

 呆然と別所がつぶやく。

「あれや・・・イノシシの肉の鍋。ワシも話しか聞いたことあらへんけどなあ」 

「イノシシ?遼南の自然は偉大だな」 

 黒田の顔もほころんでいる。そんな若者達を見ながら赤松は背後の親友の墓石を見上げた。

「貞坊・・・悪いがわしはしばらくお前のところには行けんようになってもうたわ」 

「そうですわね。直満も立派な安東家の跡継ぎにしないと・・・」 

 大きく貴子が頷く。

 明石はその有様を見ながらなんとなくうれしくなって剃りあげられた頭を撫で回した。

「それじゃ・・・行こか」 

 赤松が桶を持って歩き出す。その手から桶をとろうとする別所。

「ええねん。ワシが持ちたいから持つんや」 

 笑顔でそれを交わす赤松。彼の心には二度と自分達と同じ道を歩ませたくない若者たちがいた。そしていとおしげに部下達を眺める夫を満足げに貴子は眺めると胡州のテラフォーミング化された赤い大気を見上げた。

「これからは何も起きませんように」 

 いつも強気で通している妻の思いもかけない言葉に赤松は満足げに頷くと天を仰いだ。


                                             了

FC2 Blog Ranking
スポンサーサイト

テーマ : *自作小説*《SF,ファンタジー》
ジャンル : 小説・文学

コメント

Secret

プロフィール

ハシモト

Author:ハシモト
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。