スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

遼州戦記 保安隊日乗 低殺傷火器(ローリーサルウェポン) 1

 いきなり要が升酒を噴出したので、誠は思い切り動揺した。そして噴出した酒が目の前のどうにも堅気とは思えない恰幅のよいGIカットの親父だっただけに一瞬逃げ出したい気持ちになった。

「どうしたのよ・・・要ちゃん」 

 紺色の花柄模様の振袖が似合いすぎる紺色の長い髪をなびかせる神前誠(しんぜんまこと)の上官であるアイシャ・クラウゼ少佐の言葉に誠も我を取り戻した。

「姐さん・・・突然吹かないでくださいよ・・・」 

 顔面に思い切り日本酒を吹きかけられてもその親父さんはにこやかに笑って舎弟が差し出す手ぬぐいで顔をぬぐい始めた。ことの発端を作ったのは赤い色の扇の文様の振袖を身に纏った西園寺要。四年前までこの東和一帯でシンジケートや各国の特殊作戦部隊が暗躍した時期に『胡州の山犬』と呼ばれて恐れられたサイボーグも今では誠の所属する遼州同盟の司法実力部隊である『遼州保安隊』の一パイロットとして勤務している。そして神前誠の上官として東都明神の祭りが見たいと案内を頼んだのも彼女だった。そして出店の中でもそれなりに風格がある面々が要を見るたびに何か恐ろしいものを見てしまったと目をそらす様を見て誠はただ申し訳の無い気分で一杯になった。

「すまねえなあ。ウケル話が届いちゃって・・・ったく酒がもったいねえよな」 

 要はそう言うと空になった升を額をぬぐい終わった親父に差し出す。親父も要の話に興味があるものの一応司法執行機関の大尉と言う境遇の要に話を持っていくのは遠慮しているらしく黙って升に酒を注いだ。

「さすがに西園寺だな。まだ飲むのか?」 

 緑色の若葉を模した文様がエメラルドグリーンの髪に映える細身の女性。カウラ・ベルガー大尉もまた要が酒を飲み始めてからもう二十分が経っているので呆れながら同僚の飲みっぷりを眺めていた。

「ふう、だってよう」 

 ようやく升を置いてカウラに向き直る要に大きく安心のため息をつく親父の表情に少し笑みを浮かべる誠に話を切り出そうとする要。それを見ながら誠は改めて自分がスタジャンにジーパンと言うありきたりな冬の服装をしていることに気づいて苦笑した。

「だっても何も無いでしょ?本当にすみませんね、暴力馬鹿の誰かさんに酒を盗まれた挙句顔に吹きかけられるなんて・・・」 

 アイシャが親父に頭を下げるのを見てカチンと来た要がアイシャの長い髪を引っ張る。

「痛いじゃないの!」 

 叫ぶアイシャに少しばかり酔っているのか印象的なタレ目で要は長身のアイシャを見上げた。

FC2 Blog Ranking
スポンサーサイト

テーマ : *自作小説*《SF,ファンタジー》
ジャンル : 小説・文学

コメント

Secret

プロフィール

ハシモト

Author:ハシモト
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。