スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

遼州戦記 保安隊日乗 低殺傷火器(ローリーサルウェポン) 6

「神前!ホースを!」 

 放水の為にポンプを起動している町会の役員達と共にカウラが叫んでいた。その振袖には火の粉がかかり、一部が焼け焦げているのも見える。誠はカウラからホースを受け取るとそのまま延焼し始めたお堂にホースを向ける。

「行けます!」 

 誠はじっと筒先を構えるとすぐに大きな反動が来てその先端から水がほとばしり出でた。周りの人々が逃げる先には警察官に混じってちぎった袖で誘導をしているアイシャの姿もある。誠はそれを確認すると安心して燃え盛るお堂に放水を続けた。

「大丈夫か?」 

 応援の警官隊の配列を終えた要が何とか慣れない放水をしている誠に手を伸ばしてきた。

「本当に狙いを定めるのが苦手だな、お前は」 

 そう言って誠からホースを奪い取ると火の中心に的確に放水をする要。ポンプの設定が済んだカウラも顔中墨に塗られた状態で力が抜けて倒れそうになる誠を何とか支えた。

「大丈夫か?さっきはお前にも何かあったんだな」 

 カウラの言葉に力なく誠は頷いた。

「パイロキネシストの力の発動を感じました」 

「そうか!」 

 目の前ではほとんど鎮火してきたお堂に水を撒く要の姿がある。そして避難の誘導の為警官隊を指揮していたアイシャも誠達の所に戻ってきていた。

「ああ、これじゃあまた要ちゃんに買ってもらわなきゃね」 

 そう言うとちぎった袖をひらひら振りながら必死に高圧の水圧のホースにしがみついている要に見せびらかす。要はちらりとアイシャを一瞥したが、任務に忠実に無視して放水を続けていた。

「容疑者は特定できたのか?」 

「一応近辺にいた人達は警備本部でお待ちいただいているわよ。パイロキネシスなんて珍しい能力だものすぐに犯人は特定できるわね・・・それにしても馬鹿な犯人ね。こんなに人がいるところで発動させて誰にも気づかれないとでも思ったのかしら」 

 アイシャはそう言うとようやく町会の若者にポンプを任せて近づいてくる要の前でポーズを取った。

「緊急避難的処置だからな。あとで弁償してやるよ」 

 肩を落としながら要のたれ目がさびしそうにアイシャをにらみつけていた。

FC2 Blog Ranking
スポンサーサイト

テーマ : *自作小説*《SF,ファンタジー》
ジャンル : 小説・文学

コメント

Secret

プロフィール

ハシモト

Author:ハシモト
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。