スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

遼州戦記 保安隊日乗 低殺傷火器(ローリーサルウェポン) 20

「ふざけてないで行くぞー」 

 ランはそう言うと一挺の青いショットガンを手に取る。カウラもアイシャも静かにそれを手にした。

「おめえはどっちにする?」 

 要は手にしたセミオートマチックショットガンとポンプアクションショットガンを誠に手渡した。

「僕はこっちが慣れているんで」 

 そう言うと誠は迷わずポンプアクションショットガンを選んだ。

 部屋を出ながらまじまじと銃を見る。毒々しい青い色が異様だった。考えれば使用弾薬が殺傷用のバックショットやスラグが入っているのと低殺傷能力の布製弾が入っている銃に見分けをつけるのは合理的だがそれにしても明らかに毒々しく塗られた銃は異様だった。

「おっと皆さんはお出かけですか?」 

 誠の専用機の05式の右手の解体作業を仕切っている島田が声をかけてくる。

「おー、ちょっくら鴨撃ちだ」 

「冗談よしてくださいよクバルカ中佐!」 

 ニヤニヤ笑いながらボルトを磨いていた部隊で二人しかいない十代の隊員西高志兵長が叫ぶ。

「くだらないことばっかり言ってるとボコにすんぞ!」 

 要の脅しに西の後ろで端末をいじっていたアメリカ海軍からの出向技官のレベッカ・シンプソン中尉が西の前に立ちはだかる。

「お暑いことで!おっぱいお化け!」 

 いつもレベッカの豊かな胸に嫉妬している要が叫ぶのを聞くと今度はアイシャが笑い出した。

「なんだよ!」 

「いやあ、要ちゃんの反応がいつもどおりで平和だなあって思っちゃったから」 

 そう言うとアイシャは手にしたショットガンのフォアードレバーをガチャガチャと動かして見せた。

FC2 Blog Ranking
スポンサーサイト

テーマ : *自作小説*《SF,ファンタジー》
ジャンル : 小説・文学

コメント

Secret

プロフィール

ハシモト

Author:ハシモト
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。