スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

遼州戦記 保安隊日乗 低殺傷火器(ローリーサルウェポン) 60

「ったくなんであの餓鬼だけ寮に住み着いてるんだ?」 

 豊川警察署の北側の狭い与えられた部屋の椅子で伸びをしながら要がつぶやいた。

「それを言うなら私達もじゃないの。あそこは一応男子下士官寮なんだから。私もカウラちゃんも要ちゃんも『男子』でも『下士官』でもないんだから・・・」 

「一応神前の護衛と言う任務があるんだ」 

 口を挟んだカウラをにやけたたれ目で見つめる要。それを見てカウラは恥ずかしげに端末に目を向けてキーボードをたたき始める。

「クバルカ中佐はあの格好だとどうしても部屋とか借りるのが大変だとか言ってましたよ。小学生低学年の一人暮らしなんて誰も部屋を貸してくれませんから」 

「そらそうよね。あんな小さくてキュートな女の子を見つけたら私だって付いて行っちゃうもの」 

「恥ずかしげもなく言うな」 

 アイシャの言葉に一言突っ込むと再び画面に向かうカウラ。しばらくカウラのキーボードを叩く音ばかりであたりを沈黙が支配した。

 突然要が手を叩く。全員の視線が何事かと彼女に向かった。

「おい、神前。もう一回言ってみろ!」 

「驚かせないでくださいよ!何をですか!」 

 誠の言葉に今度は立ち上がって襟首をつかんで引っ張りあげる要。驚いたアイシャが要の手にすがりつく。

「なによ、要ちゃん。ランちゃんが部屋を借りられないのがどうしたのよ」 

「そうだよ!馬鹿だなあ。アタシ等がこのちんけな部屋から出るにはそこからはじめなきゃならなかったんだ!」 

「うるさいぞ、西園寺。そんな何かつかめる糸口でもあれば苦労しないと思わないのか?」 

 カウラにまで言われると憤慨したように彼女の端末を占領してデータを入力し始めた。

「気が付かなかった・・・馬鹿だった・・・」 

「要ちゃんが馬鹿なのは昔から知ってるけど・・・」 

 そんなアイシャの一言にチョップを入れると要は画像を表示させた。

「不動産情報?賃貸物件の契約状況・・・?」 

 誠は不思議そうにどうだと言わんばかりの要の表情を見ながらつぶやいた。

FC2 Blog Ranking
スポンサーサイト

テーマ : *自作小説*《SF,ファンタジー》
ジャンル : 小説・文学

コメント

Secret

プロフィール

ハシモト

Author:ハシモト
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。