スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

遼州戦記 保安隊日乗 番外編 (2) 57

「レベッカはどうしたのよ」

 島田達は予想通りのアイシャの言葉にニヤニヤ笑いながら西を見つめる。西は西でただどう答えるかうろたえながら目を白黒させてアイシャを見つめていた。

「その……キム少尉が……」 

「キムがどうしたのよ」 

 アイシャのそのふざけたような表情を見てシャムは西と付き合っているアメリカ海軍からの出向技官であるレベッカ・シンプソン中尉の動向を西に確認するまでもなくアイシャ自身が知っていることを確信した。

「仕事の途中で昼の注文の当番に出たので……」 

「で?」 

 今にも噴出しそうな表情のアイシャ。シャムはひやひやしながら寒風吹きすさぶ中で冷や汗をたらしている西を心配そうに見つめた。

「注文の電話をしたら残りは自分でやるからということで……」

「そこで西君は一緒に弁当とかの仕分けをしたいと言ったら島田先輩に怒られるからって言うのでそのままレベッカを一人正門のところに残して帰ってきたと」 

「知ってたんですか!」 

 急にむきになって叫ぶ西。古参兵達は相変わらずいい気味だというように西をおかずにして飯を食らっていた。

「知ってたも何も正門の目の前は運行部の部屋じゃないの。あれだけ甘ったるい空気を出していれば嫌でも目に付くわよ」 

 アイシャの言葉の意味。すなわち女性ばかりの運行部の面々が二人のやり取りをすべて見物していたという事実に気づいて西の顔が今度は赤く染まった。

「空き弁当の管理をあの子だけに任せたらかわいそうでしょ。行ってあげなさいよ」 

 そう言いながら歩き始めるアイシャ。西も気がついたと言うように弁当を手に取るとそのまま走って正門に向かう。

「アイシャ、本当に意地悪だね」 

「別に意地悪で言ってあげたわけじゃないわよ。……まあおせっかいということならまさにその通りなんだけど」 

 そう言うとそのままあちこちで新入隊員が弁当を食らっているハンガーを歩く。それぞれの出向元の軍の都合で期待を全身に受けて来た者、いらないと弾き飛ばされた者。それぞれの過去は知る由も無いがそれぞれに黙って弁当や麺類のどんぶりを抱えて食事を続けている。

「みんな外で食べれば良いのに」

「寒いじゃないの……まあ空が珍しくない面々にとっては少しでも暖かいこちらで食事をする方が良いんじゃないの」

「そんなものかな」 

「なんならシャムは外で食べる?」 

 アイシャの言葉に黙り込むシャム。それを満足げに見つめるとアイシャは手を振って正門へ向かう技術部長屋の廊下に向かって歩き出した。





FC2 Blog Ranking
スポンサーサイト

テーマ : *自作小説*《SF,ファンタジー》
ジャンル : 小説・文学

コメント

Secret

プロフィール

ハシモト

Author:ハシモト
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。