スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

遼州戦記 保安隊日乗 低殺傷火器(ローリーサルウェポン) 19

「それじゃあ……方針はそれで決まったわけだから行こうじゃねえか」 
 要はそう言うと東都警察の紺色のジャンバーを肩に突っかけるようにして立ち上がる。とりあえず誠達が始めることにしたこと。それは新規の住民登録を行なった人物をすべて見て回ると言う地道な行動だった。
「しかし……本当にお巡りさんは大変よね。拳銃とショットガンだけ?」 
「ゴム弾入りの非殺傷弾入りだ。しかも一発撃ったら始末書一枚だそうだ」 
 アイシャもカウラも顔色は冴えない。保安隊の丙種装備よりも落ちる装備に不満を言いたい気持ちは誠にもよく分かった。相手は法術師の能力を乗っ取る化け物である。空間制御系の法術を使われればショットガンなどお守り以下なのは嫌というほど分かっている。
「でも準軍事行動じゃないんですから実弾は……」
 不満そうな女性陣を落ち着かせようと口を開いた誠。そんな彼を明らかにあざけるような視線で要が見つめてきた。 
「奇麗事は良いけどよう。オメエは租界で撃ちまくらなかったか?」 
「撃ちまくるのは誠ちゃんじゃなくて要ちゃんでしょ?それ以前に誠ちゃんの下手な鉄砲を市街地で撃ちまくられたら私も困るわよ」 
 入り口に立ってニヤニヤ笑っている要を押しのけるようにしてアイシャはそのままドアを出た。そしてそこで何かとぶつかってよろめく。
「ごめんなさい……ああ、ラーナちゃん」 
 大柄なアイシャはよろめく程度で済んだが走ってきた小柄なラーナは廊下に倒れてぶつけたひじをさすっていた。ラーナはすぐに手にした荷物が無事か確認すると申し訳なさそうにアイシャを見上げた。
「あまり廊下は走るものじゃないな……」 
「すみません!ベルガー大尉!」 
 カウラを見つけてすぐに立ち上がって敬礼をするラーナ。さすがに司法局法術特捜本部の捜査官と言うこともあって警察の制服はしっかり板についている。彼女ならこの手詰まり状態を打破してくれると誠は期待して彼女を見つめていた。
「神前曹長……」 
「ああ、こいつは巡査部長だそうだ」 
「そうなんですか?」 
 ニヤニヤ笑っている要から話を聞いてラーナは少しばかり得意げに誠を見上げていた。
「まあ無駄な挨拶は抜きにして、失礼して……」 
 そう言うと慣れた手つきで中央のテーブルに腰をかけたラーナは、手にした大きなバッグから携帯端末を取り出すと、手早く立体画像表示システムを起動した。すぐに近隣の交番のデータがオープンになり、その近辺のアパートの状況を表示する画面が移る。
「やはり捜査の基本は地道な聞き込みです。恐らく犯人は年明け前後にこの豊川に転居していると思われるので各交番に新規の入居者のいるアパートやマンションを訪問する指示を出します」 
「良いのかよ……簡単に言うけど。アタシ等は捜査会議にも出れない身分なんだぜ。それに訪問するって言ったって用件はどうするんだよ。『あなたは犯人ですか?』とか聞いてまわる気か?」
 パイプ椅子に腰を下ろすと、自嘲気味な笑みを交えてつぶやく要にラーナはこともなげに微笑んで見せる。 
「訪問の名目については問題ないと思いますよ。防災関係の書類を持たせて訪問させる形をとりますから。それに先程ここに来る前に刑事課に寄ってきましたからすでに話は通っています」 
 要の不安そうな顔に淡々と答えるラーナの顔が面白くて誠が噴出しそうになる。それに殴るポーズをする要。それを無視してラーナは端末の画面を切り替えた。
「現在15万件分のアパートやマンションが対象になりますが、犯人が法術適正のある人物と仮定した場合、正直あまりいい物件には出会わないでしょうから……」 
 そう言うとすぐに画面が検索中のものに切り替わる。そして豊川市内の地図に赤い点と青い点が点滅する画面へと切り替わった。赤い点はどちらかといえば駅の周りや旧街道の周りという再開発前の古い町並みの中に集中している。一方青い点は新開発の公営団地や新しく延伸された私鉄の路線近辺に散らばっていた。
「この赤い点がかつて警察が捜査のために入ったことのあるアパートやマンションです。一方青いのが捜査を受けていないマンション。青い点の方は正直あまり当たりが無いと思ったほうが良いでしょう。警邏の担当者も都合がありますから赤い点から優先的に聞き込みを開始します」
 事も無げに言うラーナの言葉に誠達はただ感心しながら聞き入るしかなかった。 
「あれか……建ててから年数が経ってるとか、駐車場が無いとか……条件が悪くてあまり入居者を選ばない物件の方が当たりを引く可能性が高いということか?」 
 あごに手を当てながら納得しながらカウラがうなづく。
「ベルガー大尉。さすがですね。悲しいですが入居条件の緩いところのほうが犯罪発生率は高いですから。そこでさらに念を押す意味を込めてこの赤い物件に関しては直接私達が訪問します」 
 ラーナはそう言うと今度は地図から表へと画面を切り替える。
「おい、ラーナ。ずいぶん簡単に言うけど……それなりに数があるぞ?」
 あっさり『直接訪問』などと口にするラーナを慌てたような声でいさめようとする要。だがラーナはまるで動じることなくそれに答える。 
「西園寺大尉も心配性ですね。この前の同盟厚生局の事件に比べたら調べる範囲は半分以下ですよ。しかも私達は司法局から法術関連の専門家ということで捜査に参加しているんです。率先して捜査活動を行わないと行けないのは任務上仕方の無いことですよね」 
 思わず笑いを漏らしているラーナ。アイシャも納得がいったように腕組みをしながら頷いている。
「当然分かれての捜査になるな。全員でまわるのは効率が悪すぎる」 
 カウラはそう言うと誠達を見回した。
「西園寺と神前。それにカルビナで回ってくれ。私とアイシャで行動することにする」 
「えー!なんで私とカウラちゃんなの?それになんでカウラちゃんがそう言うことを決めるのよ。私は警部!カウラちゃんは……」
 まるで子供のように抗議するアイシャにカウラは穏やかな笑みを湛えながら続けた。 
「お前はサボるからな、ほっとくと。それに保安隊では階級はあまり意味は無いってことになってるだろ?先に決めたほうが勝ちだ」 
 カウラはそう言うと自分の小型携帯端末を胸のポケットから取り出しラーナの情報のダウンロードを始める。
「さてと……犯人め!見つけたらギトンギトンに伸してやる」 
「西園寺さんそれだけは止めてください」 
 パンチのポーズをとる要を誠がなんとか眺める。そんな誠達の様子を端末をしまいながらラーナは楽しそうに眺めていた。





FC2 Blog Ranking
スポンサーサイト

テーマ : *自作小説*《SF,ファンタジー》
ジャンル : 小説・文学

コメント

Secret

プロフィール

ハシモト

Author:ハシモト
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。