スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

遼州戦記 保安隊日乗 番外編 (2) 135

「あそこに行くの?」 

「できれば私は勘弁ね」 

 現役実働部隊長のランとそれを支援する本局の調整官の明石。その会話が相当高度でシャムに手に負えないものであることは間違いなかった。小難しい理屈をこねるのが好きなアイシャもどうせ捕まれば説教されることが分かるので近づく様子もない。

「まあ夜も長いのよ……と言うわけで」 

 アイシャはそう言うとビール瓶を手に持つ。シャムは照れながらグラスを差し出した。

「ほら、吉田さん。ちゃんとラベルは上でしょ?」 

「そんなことどこで覚えたんだか……つまみが欲しいな」 

「小夏!小夏!」 

 吉田のオーダーに答えてシャムがカウラとなにやらひそひそ話をしていた小夏を呼びつけた。小夏はと言えば突然のシャムの呼び出しにいつものように嫌な顔一つせずに飛び出してくる。

「何でしょう、師匠」 

「俊平の……つまみは」 

「エイひれで」 

 一言そう言ってビールを飲む吉田。小夏はと言えば元気にそのまま階段を駆け下りていく。

「小夏ちゃんとお話……珍しいのね」 

 アイシャは堅物のカウラの意外な光景に興味を引かれたように絡む。シャムが見た感じではアイシャはかなりよっているようで頬はすでに耳まで朱に染まっている。

「なんだ。私が小夏と話しているとおかしいことでもあるのか?」 

 カウラはそう言ってビールを傾ける。それでもアイシャのにやにやは止まらない。四つん這いでそのままカウラのそばまで這っていくとそのままカウラのポニーテールに手を伸ばす。

「止めろ!」 

「なに?お嬢様?うぶなふりして……この!」 

「クラウゼ。酔っているな貴様」 

 睨み付けるカウラにアイシャはとろけるような笑みを浮かべる。

「酔ってますよ……だって……ねえ」 

「だってと言われても困るんだけど」 

 シャムは色気のあるアイシャの流し目を受けながらただ戸惑ってつぶやく。

「ひどいんだ!カウラちゃん。シャムったらひどいのよ!」 

「お前の頭の中がひどいんだろ?」 

 呆れかえるカウラはそう言ってアイシャの肩を叩いて落ち着かせようとした。




FC2 Blog Ranking
スポンサーサイト

テーマ : *自作小説*《SF,ファンタジー》
ジャンル : 小説・文学

コメント

Secret

プロフィール

ハシモト

Author:ハシモト
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。