スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

遼州戦記 保安隊日乗 番外編2 ナンバルゲニア・シャムラードの日常1

 遼州同盟司法局実働部隊、通称『保安隊』第一小隊一番機担当、ナンバルゲニア・シャムラード中尉の朝は早い。
「おはよう……」 
 誰もいない六畳間にシャムの声が響く。冬の朝三時。当然のことながら朝日などはまだまだで、部屋は冷気と暗さの中。それでもシャムはもぞもぞと起き出す。
「アルマジロは寝てていいよ」 
 布団の中には地球の南米に生息する哺乳類であるアルマジロではなく『アルマジロ』と彼女が名付けたサバトラ模様の猫がまどろんでいた。ちなみに彼女の故郷、遼州星系第三惑星『遼州』の遼南共和国ではそこにすむ大型のアルマジロを『猫』と呼ぶ習慣があった。そのため彼女の飼った猫の名前はすべからく『アルマジロ』だった。
 そんな彼女は布団から這い出すと畳の上を四足で歩いてそのまま箪笥までやってきた。二番目の棚に手を伸ばすとそのまま着ていたジャージを脱ぎ始める。
「眠い……」 
 寝ぼけ眼で近くにぶら下がっていた電気の紐を引っ張ると、暗い六畳間は一気に明るくなる。それでも相変わらずのんびりとしたペースで彼女はまず裸の上半身。ほとんどない胸にブラジャーをつけることからはじめた。だが小柄でぺったんこな胸にブラジャーを着けるのは無理矢理布を巻き付けるような形だった。そしてそのままその上の引き出しからシャツを取り出しすばやく頭を入れた。
「む……」 
 しばらく寝ぼけたように頭を振りながらシャツに頭を通すと回りを見回す。特に何も変わったところはない。外では何かを恫喝するように犬が吼えていた。いつものことなので気にもかけずにあくびをした後、シャムは今度はその上の引き出しを引っ張って中からジーパンを取り出してよたよたしながら履いてみた。
「眠い……」 
 相変わらず眠そうなシャム。だが自然とその手は隣のクローゼットから美少女戦隊モノのヒロインがプリントされた厚手のシャツに伸びていた。そのまま再びのろのろとそれを着込む。そしてようやく気分が出てきたというように自分の頬を叩いて気合を入れると天井を見上げて意識を集中させた。
「シャムちゃん!」 
 階下から彼女を呼ぶ声が響いた。シャムが下宿しているのは商店街の魚屋の二階の一部屋。大家の店主が仕入れに出かける今の時間に起きるのはいつものことだった。シャムはシャツの上にセーターを着込むと周りを確認する。
「ご飯よ!」 
「今行きます!」 
 おばさんらしい声になんとなく答えるとシャムはそのまま自分の部屋から廊下へと歩き出した。
「おう!シャムちゃんおはよう」 
 寝癖だらけの頭を掻きながらそう言ったのはこの店の亭主でありこれから市場に向かう予定の佐藤信二だった。まだ40手前だというのに妙に白髪が多いばかりでなく、最近はかなり老眼が早く進んでいて、かけているメガネを鼻の先に引っ掛けるようにしているので見た感じでは50を過ぎて見えた。
「おはよう……」 
 いまだ眠気と戦いつつシャムは食卓に腰を下ろした。両隣の椅子には主はいない。右隣の長男信一郎は今年高校受験ということで深夜まで勉強を続けていて今頃ようやく深い眠りについていることだろうそして……。 
「お母さん!私のランドセルは?」 
「昨日帰ってきてそのままじゃないの?本当に……」 
 ひょっこりと顔を出す長女の静香。小学校三年生だが小柄なシャムとほぼ同じ身長の彼女がトンとシャムの横に座った。
「朝に宿題って……いつも思うけど間に合うのか?」 
「お父さん……人間の頭は朝のほうが情報を吸収しやすいの!だから朝に勉強するんだから」 
 屁理屈をこねながら母の和美から味噌汁を受け取る静香。その光景は今の時間が午前三時前ということを感じさせないものだった。
「それなら信一郎も朝に勉強すればいいのに」 
「駄目よ。どうせ勉強せずにラジオを聴いているだけなんだから……お母さん味噌汁にまた納豆入れたでしょ!」 
「そうよ、納豆汁だもの」 
 母の一言に顔をゆがめる静香。それを微笑みながら眺めて味噌汁をすするシャム。
「そう言えばお父さん!」 
 静香に突然声をかけられてしばらく呆然とする信二だがすぐに思い立って食卓に乗ったサバの味噌煮から箸を離すと立ち上がった。
「何?またお魚?」 
「そうだ。実は品物にならない鮭をもらってきててさ。あの……グロ……テスク?」 
「お父さん!グレゴリウス!グレゴリウス……で……えーと何世?」 
 部屋の隅から発泡スチロールに入った鮭を取り出す信二に静香が突っ込みを入れた。しかしそんな彼女もシャムが勤務している遼州同盟保安隊の隊長嵯峨惟基のとんでもないネーミングセンスについていくことはできなかった。
「16世だよ」 
 早速白米を口に掻きこんだシャムは味噌汁を一口飲んでそう答える。
「でもなんで……16世なの?」 
 静香の当たり前の言葉にしばらくシャムの動きが止まる。
「うーん……」 
「ああ、名前はどうでもいいから。これ持っていってあげなよ」 
 信二の言葉にシャムは大きくうなづく。そして再び彼女の視線はテーブルへと向かった。
「シャムちゃん、バイクに乗るの?それ」 
「大丈夫だよ。荷台に括り付けるから」 
「シャムちゃん。産業道路は大型車が多いから気をつけてね」 
 心配そうに和美が椅子に座りながらつぶやく。シャムは条件反射のようにうなづきながら箸を進めた。
「それにしても……シャムちゃん小さいよね。本当に32歳なの?」 
 静香の何気ない一言に場が凍りついた。
「うーん……それはね」 
「うん」 
 元気良く静香がうなづく。シャムはそれを見るとポケットに手を突っ込んだ。
「免許書は何度も見せてもらったよ。そうじゃなくて……」 
「じゃあわかんない」 
 最後の一口を茶碗から口に入れながらシャムがつぶやいた。それを見て安心する佐藤夫婦。
「それじゃあ……お茶入れるね」 
 シャムはそう言うとすばやく椅子から降りてそのまま慣れた調子で茶箪笥に手を伸ばした。まったく普通に茶筒を出して流しにおいてある急須と湯飲みに手を伸ばして要領よく並べていく。
「本当にシャムちゃんは偉いわね……下宿代貰っているのにこんな手伝いまでしてくれて」 
「お母さん、大人にそれは失礼よ」 
 感心する母にため息をつきながら静香は立ち働くシャムの背中を眺めていた。
 湯飲みを並べ。当然のようにお茶を注ぐシャム。それを見ながらこの家の大黒柱の信二がようやく茶碗に手をつけた。
「でもいつもごめんなさいね。うちは魚屋だから朝早くに起こしちゃって。いつもお仕事で夜遅くまで大変なのに……」 
「お母さん何言っているの!シャムちゃんもこの時間からいろいろすることがあるのよねえ」 
 和美の心配する様子に静香が茶碗をテーブルに置くと遠慮なくシャムに語りかける。
「うん!グレゴリウスと畑が心配だから」 
「畑……本当にうちでは食べきれないくらいもらっちゃって。いいのよ、家賃を半額にしても」 
「だめ!最初に決めたことだから」 
 そう言うとシャムは立ち上がり伸びをする。そのにぎやかな様子に引き込まれたというように奥の部屋から寝巻き姿の信一郎が現れた。
「起きちゃったよ……もう少し静かにしてくれないかな」 
「お兄ちゃんは遅すぎ!いつの間にか部活も辞めちゃって……」 
「辞めたんじゃない。引退したんだよ。それに来月だぞ受験日。それに向けて……」 
「見苦しい言い訳」 
 妹に言うだけ言われてむっとした信一郎はそのままトイレに向かう廊下に消えていった。それを見たシャムはそのままジャンパーを叩いて再び伸びをする。
「ご馳走様!出かける準備をするね」
「お茶ぐらい最後まで飲んでいけば……」 
 和美が心配するのに首を振るとシャムは信二から受け取った発泡スチロールの箱を手に再び階段を上った。
「さてと……」 
 部屋に戻ったシャムは部屋の隅の漫画本が並んでいる書庫の隣の小さなポシェットに手を伸ばす。それを開けばポケットサイズの回転式拳銃が収まっていた。
「これでよしと」 
 それを肩にかけるとそのまま再び階段を下りる。
「行ってらっしゃい」 
 トイレから戻った信一郎に声をかけられっると照れながら手を振るシャム。
「行ってくるね!」 
『行ってらっしゃい!』 
 佐藤家の人々の声を受けながらシャムは魚屋の裏口の扉を押し開いた。

スポンサーサイト

テーマ : *自作小説*《SF,ファンタジー》
ジャンル : 小説・文学

コメント

Secret

プロフィール

ハシモト

Author:ハシモト
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。