スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

遼州戦記 保安隊日乗 番外編2 ナンバルゲニア・シャムラードの日常27

 そのまま明石達の合流すると彼等がそれぞれ携帯が義務付けられている隊支給の通信端末を見ていることにシャムも気づいた。息を切らせながらようやく到着したシャムは携帯端末を開く。
『うご!』 
 叫び声が端末から響いた。フェデロの叫びであることはすぐに気づいた。
「実は東和海軍の柔道の強化選手が来ていることを聞いていてね」 
 ロナルドがウィンクしながらつぶやく。なるほどと納得する誠。呆れるカウラ。にやける要。
「うちの若いのが行くから鍛えてくれって連絡しといたんだ。これでランニングの分も鍛えられるだろ」 
「確かに……でも準備がいいねえ」 
「合衆国海軍を舐めないことだ」 
 要の茶々にそう言うとロナルドは端末をしまった。明石も自転車のハンドルを握りなおし再び走り出す体勢が整う。
「これで思う存分走れんだろ?このまま競争だな」 
 そう言うとランがダッシュで走り始める。それに奮起したのは意外にも要だった。元が軍用のサイボーグである。勝負になるわけが無かった。瞬時に追い抜いた要のしなやかな肢体が側道の木々の合間に消えていく。
「何かあったのかな?」 
 尋ねるシャムに誠は首をひねった。
「アイツのことだ。練習の時間が短くなるのが嫌だったんだろ?」 
 シャムはカウラの一言で納得した。フェデロの自転車強奪から始まっていつもより明らかにこの珍道中の時間がかかっているのは確かだった。最近は特別ゲスト扱いの明石がいるからには要は最低でも試合形式の合同練習くらいはやってみたいと思っていたことだろう。
 そう考えると野球部監督の要の面子を立ててやろうとシャム達はすぐに走り始めた。
 さすがに全力でとなると身体能力の問題で岡部が先頭を走ることになる。続くのは戦闘用の人造人間として製造されただけに強化された筋肉を持つカウラだった。その後ろは団子状態でラン、ロナルド、誠、そしてシャムが続いた。
「無理せんでええで」 
 すぐに追い抜かれた明石が緊張感の抜けるような声で叫んでいる。
 側道を抜けるとそのまま隊の周りを囲むコンクリートの塀が目に入る。広がっている三ヶ月前まで飛行機の主翼を作っていた工場の跡地の平らな荒地に続く道にはすでに要の姿は無かった。
 先頭を走る岡部との距離をカウラが一気に詰める。それを見て団子状態の後続集団から誠がじりじりと抜け出し始めていた。
『ここは先輩だから譲らないとね』
 シャムがペースを落とすとその気持ちを読んだようにランとロナルドも微笑を浮かべながらペースを落とす。
 二位の争いは余裕をもって追いついたカウラと一杯一杯の岡部、そして明らかに無理をしている誠で繰り広げられながらそのまま部隊のゲートまでもつれ込んだ。
 ゲートに消える誠達を見ながらシャムはそのまま軽く流して部隊の敷地にたどり着いた。そのまま植え込みの中に出来た踏み固められた道を抜けるとそこにはシャムの畑が広がっていた。
「白菜が順調。いい感じ」 
 手前に並ぶ白菜を見ながらシャムはそのまま走り続ける。遠くで銃声が響いていた。朝の作業の疲れも癒えぬままマリアにまたしごかれている新入警備隊員。少しばかり同情しながらシャムはそのまま大根が植えられた敷地を一気に通り過ぎてグラウンドへとたどり着いた。
 グラウンドの果て、ハンガーの目の前にいる自転車に乗った禿頭を見てすでに勝負がついたことを確認するとそのままシャムはその姿の方に走り続けた。
 大の字になって倒れこんでいる岡部の姿が見える。その隣ではクールダウンのために足首などを回している余裕のあるカウラ。じっと下を向いたまま動かない誠の姿も見える。
「ナンバルゲニア中尉!早く!」 
 すでに自転車を返すのを済ませたらしく、ジャージ姿のアンが手を振っている。シャムは手を振り返しながらそのまま腰に手を当てて仁王立ちしているランのところにたどり着いた。
「おせーじゃねーかよ」 
「いや、みんな早いね。驚いちゃった」 
「シャム。わざとらしいぞ」 
 アキレス腱を伸ばしながらカウラがつぶやく。その言葉にどうにか勇気を振り絞って岡部が起き上がった。
「そんな無理すること無いじゃないか」
「一応隊の面子もあるんで」 
 ロナルドの言葉に苦笑いで答える岡部。誠はというとまだ下を向いたまま肩を揺らして必死に呼吸を続けている。
「それじゃあ着替えろ。報告書の残り……とっとと上げてくれよ」 
 そう言うとランはそのまま半開きのハンガーの扉の中に消えた。なんとか立ち上がった岡部とそれに付き添うようにしてロナルドもそれに続く。
「神前先輩。大丈夫ですか?」 
 相変わらず下を向いたままの誠にアンが声をかける。なんとか息が整ってきたらしく大きく伸びをするとアンに向き直る誠。
「まあな。それじゃあ行きますか」 
 クールダウンを終えて自分を待っているカウラに目をやると苦笑いを浮かべながら誠はハンガーへと歩き出した。
「でも……フェデロは?」 
「ああ、さっき工場の庶務課に電話をしたら無事だそうですよ。こちらに向かっているそうです」 
 アンの言葉に安心しながらシャムもまたハンガーの中の轟音の響く世界へと足を踏み入れた。


スポンサーサイト

テーマ : *自作小説*《SF,ファンタジー》
ジャンル : 小説・文学

コメント

Secret

プロフィール

ハシモト

Author:ハシモト
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。